4日目 ~つはものどもがゆめのあと~

2019-08-24

ここまでは、Dアニメストアでしたが

DMMのアーカイブ配信にて視聴

http://www.dmm.com/digital/cinema/musical_toukenranbu/tsuhamono/

初っ端の小狐丸の舞いや「勧進帳」などなど

ここに来て日本の伝統芸能を強く意識した作品。

 

ストーリー的にはあんまりピンと来なくて・・「不確かな存在」とか「パラレルワールド」な話とか感情移入はしにくかったです。

 

先日の三百年にも書いたのですが、この舞台セットがほんまに羨ましい・・・私と同じように感じた方々によって三百年の反省点として、こんな雰囲気のあるセットになったに違いない。

 

それにしても、阿津賀志山から続投が7割ぐらいいるので、役の熟成度がこの作品の強みでしょうか。

 

そんな熟成された雰囲気の中に加わった源氏兄弟が新鮮味を加えてくれているのもGOOD。続投メンバーにタメを張れる二人のキャラクターの存在感がいいですね~ 2部でも身体能力の高いアクティブな動きが今までの刀ミュにない要素となっておりますです。

 

 

私的には、最大の見どころは「人物キャスト」阿津賀志山からこの弁慶と義経が大好きで、特にこのシーンを何度も繰り返し見てしまいます。

泰衡も好きですよ。あの文字に出来ない笑い方w

冒頭で「感情移入」と書きましたが、このお二人にはしっかり引き込まれまして涙・涙・涙・・・・役者さんとしてのお二人の力量に脱帽です。

 

このお二人が揃ってメインキャストとして舞台に出るそうで・・・

https://natalie.mu/stage/news/280189

面白そうで、見に行きたい欲が出てきてます。

しかし、残念ながら10月末か11月初めにはつばささんのイベントが開催されるはず!

常に「崎山つばさ」優先のサキヤマニア

 

さてさて、6日には「むすはじ」のライビュ予定ですが、刀ミュは次はどのような展開で楽しませてくれるのでしょう。

 

あ、でもその前につばささんのリリイベがあるので、つばささんのはかいこうせんに撃ち落されてライビュ会場までたどり着けなくなってるかもwwww わかってたら同じくずはモールのライビュに申し込んだのになぁ。

常に「崎山つばさ」優先のサキヤマニア

 

 

—–