1日目 ~阿津賀志山異聞~

2019-08-24

GW 1日目

まずは、仕事のストレスで荒れ果てた部屋の掃除と片付けしました。楽しく有意義な休日を過ごすためには大事なポイントだよね。ま、そう思えたのも昨日に頑張って進まなかった仕事を片付けることが出来たからかな。先輩に感謝!

 

良いお天気だったから、洗濯物もたくさんしたよ。

そして、良いお天気といえば!UV!晴れ

UVといえば・・・・レジンのアクセサリー

 

崎山丸(石切丸ではない)を意識して作りました。

 

 

黒い花はそのまま土台に固定してて

レジンの部分もそのまま透けた感じにしてます

白い花は可動で揺れる感じで

レジンの下地にキラキラの粉?を敷いています。

 

もっとレジンをしっかりぷっくり盛ればいいのかな?

慣れた方から見れば

アラだらけだけど 何か作るって楽しい爆  笑

 

さて、連休中は「刀ミュを毎日ひとつづつ振り返る」

というクエストを息子と行うことにしました

 

本日の1本は

——-阿津賀志山異聞——-

 

このブログの副題にある通り

私がこの沼の住人になるきっかけの作品です

初めての刀ミュ ←このブログの最古の記事

 

息子がよく言う表現なんですが

「とにかく楽しい阿津賀志山」

やっぱりいいですね

舞台の表現も重すぎる事もなく

ストーリーも伝えたい事もわかりやすい

刀ミュというブランドを作り上げた

創生メンバーという重み

やっぱり素敵だわ

 

それにしても、この頃に比べてキャラや俳優さんたちへの親しみが深くなりすぎてて笑ってしまいます。清光も「御茶ノ水ロック」で見方がかなり変わったので、いつも見ていた阿津賀志山とは一味違って感じます。

 

石切丸に至っては、まぁ沼ってハマってしまってますから「麗しい」「愛おしい」「神々しい」しか出てこない。いつの間にこうなったんだw  あ、この「いつの間に」を記録するためのブログだった(笑)

 

そして、阿津賀志山を見て思った事!

崎山さん、そろそろ「踊る」がいっぱいの舞台いかがでしょうか?

すごく見たい乙女のトキメキおねがい乙女のトキメキ

(なんてわがままなサキヤマニア)

 

夏の阿津賀志山もあるんだけど

真剣乱舞祭でもいいんだけど

どうせなら「踊る」も「歌う」と同じように

もう一歩先のそれがメインの舞台とか素敵だろうなぁ~って夢みてしまいます。

(勝手にハードル上げるサキヤマニア) 

 

—————————–

 

あ、でも今girlswalker 読みました

http://girlswalker.com/archives/137795

「歌う」を極めるのがつばささんの方向性なのかなぁ

ブログの言葉選びからも作詞とか

新しい魅力発見になりそうですよね

 

それにしても、このgirlswalkerの記事

「完璧なルックスと演技力」  だって 爆  笑

とっても良い記者だ!!!!

 

—–