シアコン応援トーク 前半まとめ

さて、全38回のうち前半戦が終了しました。応援トークの中で出てきた「シアコンでしてみたい企画」を軽くまとめてみました。まともに見返していると9時間もかかるので抜けてそうだしメモ書き程度ですので、是非本編を見てください。いやぁ松田さんお疲れ様。

持ち込み企画のメモが無い方もいらっしゃいますが、皆さん其々に役者を目指したきっかけや「おうち時間」をどう過ごしているか、お仕事での裏話など楽しいお話がいっぱいです。※ゲストの注釈はサキヤマニア向けです(笑)

視聴はこちらhttps://fanbeats.jp/collaboration/theater-complex


5月1日 佐藤流司 さん
(俳優:刀ミュ 加州清光 Wikipedia

■ドリームマッチ 今まで共演したしたことのない同志のグループを作って一つの台本を競演する。

 


5月2日 荒牧慶彦 さん
(俳優:刀ステ 山姥切国広 Wikipedia

■役者が選ぶ(ドラフト) 役者が用意された「脚本家・演出家・共演者」の中から好きな人を選んでひとつのものをつくる。その様子も見せる!

 


5月3日 加藤和樹 さん 
(俳優:テニミュ出身 グランドミュージカルで活躍中 Wikipedia

 


5月4日 黒羽麻璃央 さん
(俳優:刀ミュ 三日月宗近 Wikipedia

■アーカイブを生配信して、出演した俳優が副音声みたいに一緒に観る

■カメラを色んな客席にセット(最前列・最後尾・下手・上手など)して配信を観る側が自分で好きな視点をスイッチングして楽しめる。

■お客さんがスイッチングを投稿出来て、色んな人の編集を観れる

■シアコンに関わった人みんなでひとつコンテンツを

■感謝祭 色んな舞台(カンパニー)でチームを作って運動会的なもの「どこの座組が一番強いのか」

 


5月5日 三浦宏規 さん
(俳優:刀ミュ 髭切 Wikipedia

■舞台裏話せきららトーク オーディションの様子など裏側を見て好きになることもあるよね。

 


5月6日 橘ケンチ さん
(EXILEファミリー ダンサー、俳優 Wikipedia

■即興劇(インプロ)をリモート演劇で

■シアコンの中でオンライン上のブロードウェイ的な街の再現を

 


5月7日 植木豪 さん
(ダンサー、俳優、演出家:ヒプノシスマイク Wikipedia

■リモートパフォーマンスでダンス・ラップバトルとか

■舞台から単体で楽しめる楽曲を紹介

 


5月8日 和田雅成 さん
(俳優:刀ステ へし切長谷部 Wikipedia

■舞台は2時間だけど、初見の人も見やすいように30分とか短いものを用意する。

■アーカイブ配信で観やすい時間とかが把握できるんじゃないか

 


5月9日 松崎史也 さん
(演出家:クジ砂・A3等 Wikipedia

■楽屋もの演劇界もの(荒牧慶彦殺人事件とか)  現実と役との境目が曖昧な古畑任三郎のスマップ回みたいな感じ

■客席にVRカメラを入れて撮影、舞台上を新しい映し方で

■シアコンの中に「演劇図書館 (ウィキペディア))」 既存のウィキペディアよりも深掘りしたもの。キャストは勿論、メイクさんや音響さんも記述リンクしていく。本家のように誰でも編集出来るようにすると事務所も編集するのでガンガン情報が増えていく。作品のアーカイブもつなげていく。マニアックな情報を追いやすくなるといいな。脚本(戯曲)も作家さんのページで読めたら楽しい。

 


5月10日 藤田玲 さん
(俳優:シルコクレ Wikipedia

■これまでの作品を配信する中で関わったメインキャストでオーディオコメンタリーをつけた配信。

■いくつかの部屋で同時進行で別の物語が進んでいくが、それぞれが関連していて視聴者側は好きな画面(部屋)を選んで話を追う

 


5月11日 荒木宏文 さん
(俳優:刀ミュ にっかり青江 Wikipedia

名言『今は「中止するという表現」に徹することが役目』

■クラウドファンディング作られた場所なので、支援してくれた方々は「舞台」を大切に思っていて良く見てる方たちなのでその意見・ニーズを利用する手はない。お客さんの声を拾える場所にもなって欲しい。

■藤田玲さんと同じ発想 いくつかの部屋で同時進行で別の物語が進んでいく

■オーディション
(オリジナルストーリーの脚本家・漫画家を見つけて視聴者側に選んでもらう)

朗読劇:それをリモートで配信

最終的に舞台につなげる

 


5月12日 中屋敷法仁 さん
(脚本・演出・監督 Wikipedia

■オンラインレッスン 事務所・所属に関係なく 役者の基礎レッスン 若手育成のためのコンテンツ

■松田さん曰く「みんなお芝居 素人も演劇に参加してみよう。」

■マッチングシステム 俳優・演出・スタッフそれぞれが希望するタイプの相手と組めるようにマッチングできたら面白いな

 


5月13日 久保田悠来 さん
(俳優 モデル 少しクリエイターWikipedia

■VR

※歌ペン発想 いくつもの客席視点で用意しみなさんに好きな視点でみてもらう。ってのは何人もの方が話されていましたね。で、その視点のひとつに例えば舞台上に人形を用意しておいてそこにもカメラを仕込む。勿論、人形も重要アイテム。ガラスの仮面の「石の微笑」のマヤ視点みたいな感じ。物の視点にカメラを仕込むことで効果的に物語を膨らませる的な。例えば、大きな鏡設定のところにカメラを仕込む。代わる代わるその鏡に向かって演者がくる。例えば神社さんの神様視点、代わる代わるお願いする人や寂しい境内に流れる人間模様を映し出す。みたいな。


5月14日 和田俊輔 さん
(作曲家:刀ミュ、煉獄に笑う(1)、黒執事 Wikipedia

■二度楽しめるミュージカル オンラインでミュージカルの曲(サントラ)を先に出すことで馴染んでもらい舞台(ミュージカル)をより楽しんでもらう。

■ミュージカルのサントラと共に朗読劇も楽しそう。舞台のスピンオフ的なもので本篇への妄想を膨らませる。

■(松田さん希望)わだしゅんの部屋 俳優さんとトークをして最後には即興で役者さんイメージの曲を作ってもらう。

 


5月15日 有澤樟太郎 さん
(俳優:刀ミュ 和泉守兼定 Wikipedia

 


5月16日 加藤諒 さん
(俳優:パタリロ Wikipedia

■リモート演劇「人形劇」版 表情は役者が顔で表現する。動きは人形で表現する

 


5月17日 水江建太 さん
(俳優:若手さんですね~Wikipedia

 


5月18日 染谷俊之 さん
(俳優 刀ステ 初代 鶴丸 御茶ノ水ロック 片山亮 Wikipedia

■参加型演劇 リモート演劇の途中で分岐が発生。その分岐を選ぶのは視聴者の中から突然選ばれる。

※歌ペン発想 染さんの中でオンラインゲームの話が出てきていました。同じようにシアコンの中で役者がログインして待ち合わせたり、たまたま同じ時間にログインした人で即興で演劇作る。台本はいくつも用意しておいてそこから相談して選ぶ。勿論、視聴者コメント型(ニコ生風)公開にする、しないも選択できて役者さんたちのお稽古場になってもいいかも。

 


5月19日 御笠ノ忠次 さん
(脚本:刀ミュ 演出家 役者 Wikipedia

この回は他の方々のと全く違います。松田さんと御笠ノさんの旧知の仲ならではのぶっちゃけトーク。シアコンに対する疑問点やモヤっとしたところを御笠ノさんが質問して松田さんがそれに答えるスタイル。また松田さんの答えを受けて御笠ノさんが話を整理してお話を進めます。

「松田さん、シアコンよくわかんないよ~」ってモヤっている方必見です。

シアコンに対する様々な疑問を公言していた御笠ノさんを呼んだ松田さんもエライ。そこで自分も皆も感じていた不明瞭な部分を(いつもよりラッピングしながら)しっかり質問をぶつけられる御笠ノさんも素晴らしい。それもこれもお二人(+茅野さん?)の普段の信頼関係と仕事っぷり、思考のバランスの良さをまさに舞台を観るようなドキドキ感で味わうことができました。LIVE感!

ま、お二人とも元は役者さんですからね。LIVE、応呼はお手の物ってか。

 


さてさて、持ち込み企画については出尽くした感ありますね。いや、まだ発想の豊かな人や違った視点のからはあるんだろうか。トークの内容の台本も後半は変えてくるのかな?

後半一発目はシアコンの話なぞしてる時間あるのか?の我が推しです。フリーについてサラッと流すのかこってりお話してくださるのか・・・・。取り合えずかなり変身した様子の推し様ですが(笑)相変わらずお元気そうで安心しました❤ 本当、夕方が待ちきれないよ!!!

 


【後半戦ラインナップ】

5月20日
崎山つばささん 18時~

(顔面国宝 役者 我が推し Wikipedia

5月21日 池田鉄洋 さん19時~

5月22日 玉城裕規 さん19時~

5月23日 山崎 育三郎 さん 19時~

5月24日 萩谷 慧悟 さん(7ORDER)19時~

5月25日 八嶋智人 さん 19時~

5月26日 古屋兎丸 さん 19時~

5月27日 spi さん 19時~

5月28日 山寺 宏一さん 19時~