DISTANCE

2020-06-01

絶賛一方的に師事している(単にチヤホヤしてるとも言う)御笠ノ氏の旗振りによる「DISTANCE」が月曜日からいよいよ始まる。

ネットで観劇できるのだが、アーカイブ配信は無いらしいので「生」の演劇の緊張感に近いといえば近いのか。でも、無観客ではなぁ 演じる側もやりにくいを通り越して不安なんじゃないだろうか。何とか観劇してる側の反応が演者に届かないものか。ツイキャスでもインスタライブでもニコ生でも「コメント」やスタンプがあるからまだこちらの反応が届くよね。

かといって同じような仕組みでこちらの拍手や笑い声を現場で受け取ってSEにして流すようにしても、あの舞台上と観客席の間の空気感には遠く及ばないもんなぁ。

余談だけど、観劇の時でも普通の会話の時でもとにかく私は「反応」をわかりやすく大袈裟に表すクセがある。だって考えてごらんよ。こちらが語り掛けているとして反応なかったら不安でしょ??? という相手を思い遣っているような理屈は大人になってからのものだから本当はそういう「癖」なだけかも知れない(笑)様々な配信の視聴でもROMではなくコメントを入れるようにするのもその「癖」からなんだな。

それでも観る側としては楽しみでしかない。

しかも!今回の公演は「ひとり芝居」なんだよ。

複数人の普通の舞台じゃないのよ。「一人」の理由はともかくとしてこんなめったに見ることが出来ないお芝居を連続して色んな役者の方が別の台本でって!!!!贅沢だよね?むっちゃ凄い事だよね。興味深々なんだよね。でも・・・・全部観てたらおいくらになりますでしょう。(;^_^A 無理です!!!! ああ、悔しい。


チケットの購入や視聴方法、日程については

DISTANCE公式WEB  http://distance.mystrikingly.com/


しかし、今のところこのページには演目が掲載されていません。が、DISTANCE公式ツイッターで確認できます。

TwitterのTLでは(私が)把握しにくいので書き出してみます。


6/1(月)19:00~

永島敬三 出演
「ときめきラビリンス」
脚本・演出 中屋敷法仁

井上小百合 出演
「齷齪とaccept」
脚本 川尻恵太
演出 ニシオカ・ト・ニール

入江雅人 出演
「500」
脚本・演出 入江雅人
音楽 オレノグラフィティ


6/2(火)20:00~
小沢道成 出演
「夢のあと」
脚本・演出 小沢道成
音楽 オレノグラフィティ


6/3(水)20:00~
清水宏 出演
「ウルトラセブンに告ぐ 〜カプセル怪獣ミクラスの魂の叫び」
脚本・演出 清水宏


6/4(木)20:00~
小林顕作 出演
「よゼミ」
脚本・演出 御笠ノ忠次


6/5(金)20:00~
近藤芳正 出演
「透明爆弾」
脚本・演出 深谷晃成(第27班)


6/6(土)14:00~
鈴村健一 出演
「制御不能朗読劇〜読むAD-LIVE〜」
脚本 鈴村健一
演出 鈴村健一 川尻恵太


6/6(土)19:00~
伊礼彼方 出演
「丹羽園治の激動の人生」
脚本・演出 川尻恵太


6/7(日)12:00~
片桐仁 出演
「仁ちゃんの絵本読み聞かせタイム」
構成・演出 川尻恵太


6/7(日)17:00~
柄本時生 出演
「ジャンと永遠に咲く花の記録」
脚本・演出 川尻恵太


 

取り合えずお得感のある初日は決まり。そして御笠ノさんのお名前を探してみれば4日か!え~~~え~~~~4日だけ~~~~??? でも「よゼミ」って何だろう?よくわからんけどこの一言だけで色々想像できるよね(≧▽≦)ワクワクするなぁ。この言葉の使い方が好きなんだよ。まぁそんなに予算もとれないのでこの2回分で良しとするか・・・・でも何だよ面白そうなのがあれも、これも、それも気になるじゃないか。演者・脚本・演出全部を自分でする方もいるなぁ。透明爆弾という題名がそそる。むっちゃ気になる。追加するかも。諭吉が1枚~ 諭吉が2枚~

こうやってDISTANCEに限らず配信で演劇を観れる機会がとってもと~~~っても増えたわけだけど、こりゃ財布にキツイなぁ。現場なら田舎モンはどうしたって遠征になるから諦めで自ずと優先順位がついて絞れたんだけど、本当にどれを観ようか迷ってしまう。この自粛期間(単に自宅警備期間とも言う)演劇に非常に興味が沸いて身近に感じられるようになったのは良いんだけど。うむむむむ。

推し様が活発ならそこに一極集中にするんだけどなぁ。

 

そうそう、追伸

グレイトフルデッドも観たよ。