舞台「ノラガミー神と願いー」

2019-09-13

feature 石切丸 のおかげで石切丸様にはかなり充足してきた。

そこで、今日は舞台「ノラガミ」を見ることにしたよ。

「ノラガミ」は第一期から好きなアニメで、コミックも全巻網羅中。次のアニメ・コミックが早く出ないか楽しみにしている。だからこそ、アニメが2.5D舞台になった時に「がっかり」を感じてしまいそうで避けていたんだけど…。

新たなつばささん映像を求めて、見ることにした。石切丸様以外ではどんな感じなんだろうと、知りたかった。

で、感想 ーーーーーーーーーー

つばささん、役者だねぇ。

演じている優流はオリジナルキャラで、原作がある2.5Dというよりは普通の舞台やお芝居に近いのかな? 役どころも「神」とか「神器」じゃない普通の人間だから、更にそんな感じがするんだろうか。優流の心の流れがすごく苦しいくらいに伝わってくる。他の舞台のつばささんも、もっとみてみたくなってきた。

原作アニメファンとしては、音楽や「あの」OPを踏襲した演出は嬉しい!!

アニメ「ノラガミ」の世界観をしっかり感じる。

神器が武器になっている時や、ひよりちゃんが魂抜けたときの舞台上での表現が「なるほど」と感心した。小福ちゃん家、天神さん家、と今どこに居るのかも舞台の背景に大きく映し出された「紋?」で場面推移が表現されててすんなり理解できた。

ただ、原作知らないと「世界の設定」がこの舞台だけでは難しいだろうな。とは思った。それこそ2.5Dならではの事情で、そんなものなんだろうとも思うけど。

刀ミュは楽しみの半分が歌で踊りだったけど、この作品を見て純粋に「舞台って面白そう」と思った。

アニメや映画みたいに次から次へ場面の推移ができる訳でもなく、役者の顔をクローズアップさせるわけでもない。これはまだ「動画」だから「クローズアップ」になるけど…客席からどんな風に見えるのかな。

どんな感じだろう?

自分の目で見る舞台劇ってどんなだろう?

音楽ならクラシックや和太鼓、薪能は行った事がある。その経験から「生音、カメラを通さずに自分の目で実際に見ること」は数段すごい事だけは知っている。

「舞台」を見たい

今そんな気持ちです

(おまけ)つばささん以外の注目キャストさん

夜卜・・・汗すごくない?

マユさん&天神様・・・キャラの再現度高し。