キタ~【es】独占インタビュー記事!

キタ~(≧▽≦) エンタメステーションさん、いつもつばささんがお世話になります。ありがとうございます。

ライター竹下さん!!!再び!

崎山つばさ 独占インタビュー! 「新しい仕掛け」があるという2nd LIVE直前の抱負を語る。リハーサル現場もレポート!

この方の書かれるつばささんの記事が大好きなんですよ。落ち着いたしっかりした文章でつばささんをべた褒めしてくださるもんだから、サキヤマニアはいつも涙目になるよね。いや、泣いちゃうよね。

エンタメステーション独占インタビュー:崎山つばさワンマンライブリハーサル現場
記事より 歌ペン厳選の1枚 拝借

多分だけど盛り上がったノリノリの和やかインタビューじゃなくて、真っ直ぐとした生真面目な取材なんだろうな。つばささんが真摯に少し深い目に受け答えしてて、この方の取材の姿勢によってそれが引き出されてるイメージだわ。

記事中のタイトルでみていきます。


■ 前回のライブを振り返りながら新しい挑戦をしている段階

去年のライブの振り返りの中で「共鳴」という単語が出てきてちょっと嬉しい。同じこと感じてたのかな~~~~って(≧▽≦)。

あとは今回へのライブへの意気込みとか!コンセプトとか!!!!!


■ ありきたりな言葉ではなくて、僕の頭で生まれた言葉を伝えること

作詞についての想いを語ってくださってる。ありきたりな言葉ではない「自分の頭で生まれた言葉」を紡ぐってとても難しいんだと思うんだよ。

伝わりやすい言葉だとありきたりで平易な言葉になるし、独特すぎたり難しすぎたりすると伝わらない。

私はつばささんの詞って「Re:quest」のように「音」や「韻」を大事にしてるところも大好きだし、「五線譜」や「緋色」という普段はあまり使わないけど伝わる印象的なフレーズをポイントに据えてあるのも素敵だなぁ~いいなぁ~好きだなぁ~って思ってます。

そして・・・ボカロ曲との相性の良さもご本人様も感じてらっしゃるようです。


■ “崎山つばさ”の音楽とは?

私的に一番大事なポイント項目!!!!

「崎山つばさの音楽とは?」と聞かれたときに答えられるようになってきた

ですって!!!!!!うほほおほほおおほおお。

インタビュー記事全体を通して「崎山つばさらしい音楽」「崎山つばさの歌」というニュアンスが繰り返し出てきて、その想いが強く伝わってくるくるくるくる。(ミスタイプではありません)しかも、役者とアーティストとか切り分けて捉えなくなってきたみたい!おう!それでこそ我が推し様「崎山つばさ」だぜ!!!

※詳しくは元記事をしっかり読解してください。


■ 僕たちのライブを心から楽しんで

予想の斜め上?だそうで。
いつも斜め上ですが???(笑)
今度は何度ぐらいですか?ダンサムが45度ぐらいとして、ビリビリダンスで62度ぐらいでしょ?もっと????90度超えちゃう???(笑)

サプライズゲスト・・・誰だろう???

そして、私は読み逃さないよ。
「今回のライブは東京と大阪と1日ずつしかないので」って去年はお台場1日だけだったよ(笑)でも、これって「本当ならもっと沢山の会場で何日もやりたいし、将来的にはするつもり」っていう隠された言霊だと私は読み解きました!!

あ?いや、単に「レア感」を煽ってるだけかも。いや、実際あのライブはかなりSSレアですけどね(深い意味はない)。


■ 彼らがどんな奇跡を起こすのか楽しみ

さて、ここはライブリハーサルの現場レポになってます。
う~~~ん、さり気なく近々3作品で座長やったことが書いてある。ありがとう。あ、何だか読んでるだけでつばささんカッコイイ❤

ここでライター竹下力さんの名言発動!
”崎山つばさ”という音楽

ありがとうありがとうありがとうございます。
この名言がすべてでございます。


参照:過去記事「名役者」と言い切るライター