「名役者」と言い切るライター

キタキタ!!来たよ~~~~

エンタメステーション

竹下力様、渾身の記事

※内容についてもかなりしっかり書いてあるので、フラットな気持ちで観劇予定の方は要注意です。

https://entertainmentstation.jp/453620

 

 

幕末太陽傳の時もべた褒めしてくださったあの方です!

参照:https://ameblo.jp/singingpeng/entry-12455759063.html

今回も熱く熱く しっかりとした語彙力と文章で「役者 崎山つばさ」の素晴らしさを書き上げてくださいました。写真のチョイス自体が他の記事とは一線を画した視点からのものだとわかりますよね。

 

超褒め文章は記事の中のここ(赤線)から下

※内容についてもかなりしっかり書いてあるので、フラットな気持ちで観劇予定の方は要注意です。

 

 

もう、もう

サキヤマニアとしてこれほど幸せなことはありません。

あとは、その事実をしっかり目に焼き付けに行くのみ!!!

 

で、ところで・・・

このライターさん、実は他の役者さんたちにも同じ調子なんじゃないの???

と思って少し辿ってみたんですけど、やはりこの熱量で「名役者」「天才」と言い切っているのは崎山つばささんに対してだけなんですよね。(てかタイトルだけで中身まで読めていないけどてへぺろ)これはタイトルになってるものな。

 

今日ツイッターもフォローさせていただいたけど、どうやら「詩」もお書き読みになるらしい。なるほどそこからこの表現力がきてるのか・・・。きっとこのライターさん自身も感受性の高い「表現者」という人種なんだろうな。だからこそ、つばささんに共鳴してこのような記事になるのかも。嬉しいね。

 

あと1週間後のLOOSERが本当に楽しみ。

 

心臓どきどきだわ。

 

 

—–

#LOOSER

Posted by utapen