刀ミュ「戯曲本」7/18 3冊同時発売!

2019-08-25

戯曲本って何ぞや???

もの知らずでごめんよ。

まずはそこから調べたよ。

Wikiさんに訊いてみた

戯曲(ぎきょく)は、演劇の上演のために執筆された脚本や、上演台本のかたちで執筆された文学作品。戯曲を書く者のことを劇作家と呼ぶ。

https://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%88%AF%E6%9B%B2

 

あああああ!!!そういう感じかぁ

ってことは!!!

他の記事でもチラッと書いたことがあるけど(どこか忘れた)私は舞台演劇やドラマ・映画を観るときに「脚本にどこまで書かれていて、演出はどのようにされて、役者の作ったのはどの部分なのか」ということに大変に興味があるのです。

 

そんな私!

大興奮の3冊では???

 


 

刀ミュ公式さんのお知らせツイートに石田スイさんの描いた表紙が

 

各メディアサイトのニュースにもなってるね

代表して大好きエンタメステーションさんの記事

https://entertainmentstation.jp/news/465875

 

刀ミュ公式サイトのお知らせ

https://musical-toukenranbu.jp/contents/251315

 

書いたご本人のツイート

https://twitter.com/noshin0724/status/1141209678384230400

他にもこの戯曲本についてぽちぽちツイートされていますので辿ってみてください。

 


 

上記のような事に興味がある

ということは

実は台本とか

特に役者さんが書き込んだモノ

拝謁することができたら

鼻血もんじゃない?

今までそこに

思い至りもしなかったけど

 

役者さん、使った台本

大事にしてるんだろうなぁ

つばささんの台本は

いっぱい書き込んであるんだろうね

見てみたいけど

見ちゃいけない部分な気もする

 

んむむむ

何とか合法的に継続的に

演劇が作られていく現場に

居合わせる方法はないものか

スタッフとして潜り込むにしても

私は何が出来るんだ?

年齢にも壁が・・・・

んむむむ

 

—–