重箱のすみっこにもサキヤマニア

二次先行のおちゃろくあたり

発券いたしました。

 

舞台からは一番遠い

しかも隅っこ o(TヘTo)

 

夜行バスで往復するのに?

東京まで行くのに?

先日のぐるぐると相まって

一気にトーンダウン

もう行くの辞めようかなって

正直思ったよ

 

でもね、思い出したんだ

このブログのタイトル

 

「二次元と三次元のあいだ」

 

勿論、2.5次元舞台という

意味もあるけど…本当は

 

2.5次元舞台をきっかけに

2次元の画面から目を離して

 

自分の目で見て

 

空気を感じて

 

生の音を聴いて

 

人と話して

 

自分の五感で体験する

 

きちんと三次元で感じよう

っていう意味を込めてつけたタイトル

 

だから、座席の良し悪しではなく

「舞台を観に東京まで出かける」

事自体に意義があって

「生の舞台を観る・感じる」

という事が一番大事なポイントなのだ

 

そして幸い、私は知っている

カメラの前よりも 録音された歌よりも

舞台の上のつばささんは 化ける

 

「届けよう」「伝えたい」

という熱い気持ちがそうさせるんだろうか?

 

昨日のご本人さんのブログで

————-引用—————
僕が何を伝えたいのかは
来ていただいた方が
その瞬間になって
感じてほしいです。

————-ここまで——–

だそうだ。

 

行ってみようじゃないか

オモロイ舞台を期待して

行ってみようじゃないか

幸い、今回は「音楽」の舞台だ

遠くてもカンケイないさ(たぶん)

 

重箱のすみっこで

全身全霊 楽しんでみせるから!

だから、しっかり届けてね♪

 

 

仕事中に一息

奈良も桜満開です

—–