今日はカレーの日なんだって

スパイスからカレー作ったことある?

ん~~~このカレーはどちら様作のか

サキヤマニアならわかりますね?

カレー粉で作ったカレーよね。きっと

 

私はスパイスから作ったことないから

まずはカレー粉で作ることから始めたい

 

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう

 
 

『Stage Stars』で連載中のつばさ食堂ではすでに定番化?の「カレー粉」。うちでは使ったことがなかったのですが、3回も続くとなると俄然興味が沸いてきました。つばささんがつばさ食堂で購入しちゃったカレー粉を使わないままに余らせないようにとのお気遣いらしいのですが(バーイベ談) うちでは逆方向に働いてしまいそうです(笑)

 

でも色々知らない事、疑問点が多いので

カレーの基本を教えてGoogle先生!

 

■「カレー粉」と「市販の固形カレールー」の違い

参照:カレー粉のおすすめ人気ランキング8選 【mybest】

https://my-best.com/3972#toc-0

なるなる、市販の固形カレールーにはスパイスだけではなく、即席で「カレーライス」になるように旨味成分やとろみ成分も入っていて「油脂をベースに」形成されているんですねぇ。油脂が多い・・・大きなポイントだな。後はカレールーはカレーライス特化なので、他の料理をカレー味にするにはカレー粉って事ですね。

 

最近では固形ではなく顆粒に近いフレーク状のルーもあるようですが、あれも溶けやすいだけであって「油脂ベース」というところは変わらないようです。

 

同記事におススメカレー粉も掲載されていますね。各社のカレー粉の特徴も書いてあるのでとても参考になります。この記事によると、つばささんおススメのナイル商会 インデラカレー粉は「煮物や炒め物など何にでも万能」「日本の定番メニューに合うブレンド加減」ってつばささん自身のレビューみたいで思わず納得(≧▽≦)

 

■「カレー粉」に入っているスパイスの種類

参照: 12種類のスパイス&ハーブから作る!オリジナルカレー粉の作り方 【エスビー食品】
https://www.sbotodoke.com/sb/curry_howto.html

先ほどの記事にも掲載されていましたが、さすがヱスビー食品さんのページ!種類が多くて尚且つわかりやすい。更に簡潔にテキストを引用させていただきます。

 

【色をつけるスパイス】

ターメリック うこん。カレーの独特な黄色を出します。独特な土のような香りは、火を通すと気にならなくなります。

 

【香りをつけるスパイス】

クミンこれだけでも「カレーの香り」に感じられる、カレーには不可欠のスパイス。多めに入れるとインド風。(ぺ:苦味や辛みも含んでいるらしい)
カルダモン 「香りの王様」と呼ばれる、心地よい刺激性の香り。少し多めに入れると、上品ですっきりした香りのカレーに。

シナモン 肉桂。お菓子のイメージが強いですが、カレー粉やソースにもよく使われています。
ひき肉のカレーは多めでも○。
クローブ 丁子。非常に香りが強いので、入れすぎに注意。ほんの少し効かせると、ビーフカレーにぴったりの深い味わいに。
ローレル ローリエ、月桂樹の葉。煮込みではホールも使います。爽やかな香りですが、入れすぎると苦いので注意。(ぺ:うち月桂樹の樹あるんだよな、でも苦手なんだよな)
オールスパイス シナモン・クローブ・ナツメッグの3つのスパイスの香りを併せ持つと言われています。(ペ:これで1個の植物の実らしいよ、知らなかった~)
コリアンダー さわやかな柑橘系の香り。多めに入れるとインド風。小麦粉を使わないインドカレーでは、とろみをつける効果も。

【辛みをつけるスパイス】
カイエンペッパー 唐辛子。辛みがとても効きやすいので、量にお気を付けください。
ジンジャー しょうが。シャープな辛さとスーッとした香りで、後味もすっきり。
ブラックペッパー 黒こしょう。ピリッとしたシャープな辛さ。お好みで、ブラックペッパーの辛みを効かせてもおすすめ。(ぺ:私普通にコショウといえばこっち使うぐらい好き)

 

それぞれのカレー粉によってスパイスの種類、配合が違うようですが他サイトで掲載されていたところでは、多くてS&Bの赤缶が30種類でした。

 

 

■「ガラムマサラ」を使うのもいいよね

参照:カレー粉とガラムマサラの違い 【エスビー食品】

https://www.sbfoods.co.jp/sbsoken/supportdesk/005.html

 

うちでは、カレーライスといえば普通に固形のカレールーを利用してますが、先日「ガラムマサラ」を購入しまして仕上げにパパパッと加えました。ただそれだけなのに、あらびっくり!!!!まるで本格カレー屋さんのような香り高いカレーの出来上がり。

 

それぞれ好みの辛さに調整するために仕上げに「辛さ自在(S&B)」なるものを使っているのですが、たまたま売ってなくて代わりにガラムマサラを購入。「辛さ」ではなくスパイスの「香り」が際立つので本格的なカレーになりました。

 

それ以来、すっかり気に入ってしまい炒め物に変化をつけたりするのにも利用しています。ただ、残念なのがやはり「香り」モノ。ビンに入りでも、短い期間で香りが落ちちゃいました。開けたては本当凄かったなぁ。

 

気になった方は、以下のページもちゃんとした記事で参考になります。

カレー以外にも!ガラムマサラの効能と使い方

 

いつかにつづく・・・

ここまで調べて力尽きました。

後は実践とか具のこととか

つばさ食堂再現とか

また書きたくなったら書こうかな

 

実はこの記事

お正月用に下書きしていたものをこの「カレーの日」」というタイミングで仕上げて投下しています。ほら、お正月って「♪おせちもいいけど、カレーもね!」ってつい数年前まであったよね。これはハウス食品だな。最近見ないなぁ。覚えてるかなぁ。

 

では、では。

 

—–