これまでとこれから

約1年ほど前にひょんなことから「崎山つばさ」沼にハマった。このブログを書き始めたのは、その「ドボン」する様子を書き記すためのものだった。

 

それがある程度底まできたら、次はこれからのつばささんの予定とか情報を整理するために使い始めた。まだファンサイトもなく公式様の情報も遅くてね。今では公式様からの情報がしっかりあるのでその役割は必要なくなってきたけど。

 

そのうちブログを書くこと自体を楽しみはじめた。何せ色々と斜め上いく、色んな輝きを放つ推しなので話題や切り口には事欠かない。

 

次に、このブログで何か恩返しできないかと考えた。「崎山つばさ」魅力拡散できないかと思い立ったのだ。その役割もまたただの独りよがりであると最近気づいたのだけれど。

 

春ぐらいか、夏ごろだったか・・・つばささんのブログが間遠になると何故か自分が間を埋めようとして毎日更新の目標を持ち始めた。

 

ここまでくると、つばささんがどうこうより、ブログを書くこと自体に妙な義務感が出てくる。別にそれほどアクセスが多いわけでもない。ツイッターでフォロワー1000人も居る人に比べるとほんのわずかなものだ。

 

自意識の暴走だ 自覚はある

 

先日の「つばさ要素贅沢病」もそうだけど、すこしのめり込み過ぎている。私は本当に「これ」と思うと暴走してしまう。嫌なサキヤマニアにだけはなりたくない。つばささんのマイナスになるようなサキヤマニアにだけはなりたくない。

 

大切な大切なつばささんだから

 

昨日、つばささん個人のツイッターアカウントがスタートした。自分の中でひとつの転機を感じたよ。桜menとの関係どうこうではなく、自分がムキになってつばさ情報を発信するという変な義務感から開放されたんだ。

 

まったくもって、推し様側から期待されていないであろうに変な義務感を持ち、更には「邪魔になってないか」と心配をするという、それこそ推し様側からは迷惑な話。

 

これを機に初心に立ち返ろうと思うんだ。

私のブログがどのようなものであれ、私自信が更新という「推し活」を楽しめない状態は、つばささんが思うサキヤマニアの在り方ではないだろう。これは絶対だ。

 

推し活を始めた時に心に書き留めておいたことがある。「推し活で何か苦しく辛く感じたらやめる」それが金銭面でも、仕事や実生活とのバランスでもチケット争奪戦でも。

 

こんな風に書いていても、私のブログは何ら変わらないだろう。多くはないが楽しみにしてくださっている方々にはご安心頂きたい。

 

私はこれからも

 

崎山つばささんの情報を集め

現場に出かけては 感動を叫び

サキヤマニア候補者には

これまでの崎山つばささんを提示し

様々な色に輝くつばささんに感嘆し

つばささんの仕掛けるサプライズ

「うっひょー」となったり

「ぐふぇっ」となったり

麗しいお姿に うっとりしたり

雄々しく進む姿に 勇気をもらったり

どんどん素晴らしくなる

つばささんの歌にニマニマしたり

来年はもっと役者としてのつばささんに感動できる日々が待っているのかな?

 

推し活はまずは「自分が楽しい」を忘れないこと

こうやって並べるとま、楽しんでるよね(笑)

 

そして、その文字がたまにはつばささんご本人の目に触れて「ふふっ」っとほんの少しでも力の元にしていただけたらサキヤマニア冥利に尽きるよ。

 

これが2018年最後のエントリーになるのか、あと1本書きたいことがあるからそれが最後になるのかわからないなけど

 

いつも読んでくださっている皆さま

仲良くしてくださっている

サキヤマニアのみんな

 

そして、

半世紀初のいろいろな

新しい景色を見せてくれた

つばささん

 

今年は大変お世話になりました

本当に思い出深い一年です

ありがとうございました😊

 

こんな暴走気味のペンギンですが

来年もよろしくお願いいたします

 

 

歌うペンギン

 

 

 

 

—–