聖地巡礼 ~箱根神社~

夢のUTOPIAの次の日、私は急いで戻って仕事のはずだった。だけど、帰らなければならないぎりぎりの時間になった時、お客さんからアポキャンセルの電話。

 

Himenaさんと私 一気に盛り上がる

「よし、行こう!!!箱根神社」

前日にHimenaさんから誘われていたのだけど前述の事情で諦めていた。

これも何かの巡り合わせ。行くしかない!!!

 

本当のところは巡り合わせでも偶然でもなくて、上司の方が気を利かせてお客様に上手く言ってくださったと思われる。で、その上司に取りなしてくださったのは普段厳しく指導くださっている工場長であろうことも何となく感じる。ありがたや~ありがたや。

 

新幹線を使えば早かったけど、予算の都合でゆっくり移動。

電車に乗りながら、昨日の余韻に浸ったり(一晩中話してたのに)居眠りしたり(笑)ちょっと他では話せない内緒話とか。

 

電車に揺られ、バスに揺られ、いよいよ箱根神社に近づいた。実は推し様のおススメ神社であること以外は全く知らなくて、どんなところにあるのかも、どんな神社さんなのかも。

 

木々の間から見えてきたのは「湖」

そしてその畔に佇む鳥居

厳島神社のように水面に浮かぶ「朱」

 

「これは来たくなるはずだわ」

二人してこの景色だけで全てを納得

 

HimenaさんはHimenaさんで感じるものがあるみたいだし

私も私で感じるものがあって。

 

まずは、バスを降りて湖の畔まで行ったら・・・

 

涙が止まらない。

ポロポロ涙が溢れだす。

センチメンタルは無縁。感動とかそんなものでもなく、ドライアイとか空気が冷たかったからとかそれでもなく、ただただ、涙が出てきてどうしようかと思った。

 

そして、背中があったかい

一瞬、ぞわっとするほど背中があたたかかった。変な相反する表現だけど、そうだった

 

で、おでこが冷たかった

スピリチュアルに言うところの「チャクラ」にずっと冷たい水を注ぎこまれているようだった。何かを感じるなら普通はそこが熱くなるんじゃないの???←実はよく知らないw

 

いきなりの思い付きで行ったから時間が無くて、とにかく「箱根神社」の御本殿だけはお参りしておきたい!!!と急ぎました。着いてみたら、ご本殿の前にちょうどおっきな輪が設置されていて、前の参拝者の見よう見まねでHimenaさんとこれをくぐる。

 

今調べたら、「茅の輪」くぐりというらしい。

正しいくぐり方を今知りました。

 

その後、お参りをして、御守りを賜って、おみくじをひきました。

 

そういえば・・・お参りっても何もお願いとかしなかったなぁ。とにかく神様にはちゃんと自分が何者なのか伝えないといけないと頭にあったので、名乗ってご挨拶しただけ「崎山さんちのつばささん推させていただいております~」みたいな感じになっちゃったわ。

 

御守りは、先日のつばささんのブログの言葉が好きすぎて「縁結び」にしてしまった。決して新しいパートナーが欲しい訳ではない(笑)  で、今帰ってきてじっくり見たら・・・あ~これはかなり恋愛特化の縁結び守りだな。あらら、どうしよう。

 

おみくじは半世紀でまだ2~3回しか引いたことしかない「大吉」

そして、そこに書かれた文言がほぼまるっきり私のブログの言葉が書いてあって、あまりの事にこればかりは驚いた。まるで私がここの神社さんの言葉をパクったみたいじゃないか!!!!!ってぐらい。

 

とにかく箱根神社は空気の「味」が違った。勿論、本当の味覚でもないし、色とも少し違ってて・・・とにかく透明感あって、でも滝や水ではなくて、密度があって、私は水晶玉の中に居るようだと思った。

 

お互い感じた表現は違うけれど、同じ結論に至った。「ああ、つばささんの透明感はここからきてるんだな」私たちサキヤマニアが拝みたくなるわけだ。

 

そういう私も崎山つばさ神社にお参りに行って自分の願いを託したんだった。

 

クリスマスまでには○キロ痩せます!!!

 

本当はね。ちゃんと目標達成させてワンマンライブのファンレターに報告するつもりだったんですよ。あ~~~~~あと1キロだったのに~~~~~人によっては1週間で達成できそうな数字だけど、残業続きで食生活が乱れた。ごめんねつばささん、達成できなかったよ。だから書けなかったよ。ヘタレだなぁ私。

 

でも、間に合わなかったけど

ちゃんと達成させるよ

 

なりたい自分が見えているなら

そう「在ろうとすること」が大事

それが私が尊ぶ姿勢

 

ヘタレだけど、少しずつでも

なりたい自分に近づくよう頑張るよ

 

たった1時間ちょっとの滞在だったけど、色んな事を思って感じて反省もして、箱根神社を後にする。ただ、どうしても心残りなのが、あの湖に浮かぶ鳥居に行けなかった事。九頭竜神社かと思ったけど、それはもっと奥らしく、これは「箱根神社 平和の鳥居」なんだって。

 

 

最初見た時から、妙に心惹かれるこの鳥居。

「今度、ちゃんと会いに来るからね」

うん、また来よう。

絶対、来よう。

すぐにでも行こう。

今度はもっと由来とか調べてからね

 

九頭竜神社にも行きたいな。そこには何かありそうな予感がするんだ。

 

あれ?書いててあの空気と湖を思い出してまた涙が出てきた。センチメンタルとは無縁と思ってたけど、私はやはりこの景色と空気と神聖さに感動していたのかな。

 

今、そう思った。

 

 

※途中で写メとるの忘れてロクなものがないです。

 

鳥居とか何も映ってないけど

大好きな思い出の一枚

—–