【1投目】森の小さな本屋さん

例のアメーバランキング謹慎期間がやってまいりました。他のブロガーさんの様子を見ていても機械的(プログラム的)なバグなのはほぼ確実ですね。アメーバ運営さんにも解決できなさそうなので、対処療法を模索することにしました。

 

仮説:謹慎になってから5記事投稿すると解除になる

ということで!書きたかったけどつまらんので書くかどうしようか迷ってたネタで実験

 

謹慎後 1投目

 

ある日夢を見ました。

こんなタイプなので、夢はだいたい

起承転結ストーリー仕立てのフルカラーです。

 

 

 

小さな湖畔の森の中

”いつものように”サキヤマニアが列を作っています。

 

どうやらつばささんのイベントらしい。

小さな野外の舞台(テラス)の上

「本」をテーマにつばささんのミニトークをしてくれています。

 

終了後、列はログハウス風の小さな本屋さんへ進みます。

本屋さんに入ると、みんなそれぞれ好きな本を手に取ってお会計へ。

 

どうやら、その本につばささんが好きな言葉を書いてくれるらしい。<本のお値段や大きさによってその時間や量が決まる>というルールのようだ。ただし1冊のみ。なんだ?夢なのにこのシビアなルールは!!!

 

品揃えは「絵本」が多かったけど、

お金を惜しまず、高価な本を買う人

書くところの大きな大判サイズが一番人気

つばささんを意識してお料理本を選ぶ人

 

先ほどのミニトークで出たっぽい「つばささんおススメ3冊」が平積みで並んでいたので、私はその中のかわいい絵本を選んだ。

 

B5サイズぐらいは書くスペースがあったので、悩んだけど応援メッセージを貰うことにした。

 

つばささんの髪型はCrescentMoonのリリイベの時ぐらいだったかな。服装は白いオフタートルの普段着ぽい感じ。小さな森の本屋さんが本当によく似合う。あ、今思い出した。メガネしてた。

 

私の順番が来て『「歌うペンギンさんへ がんばって」って書いてください。』ってお願いしたら、つばささんがふくみのある笑みでこちらを見て、スペースいっぱいに!!!!

 

 

 

「うぺ」って・・・

「うぺ」って・・・・・

のこりは全部省略かいwww

 

顔をあげたら、つばささんの満面の笑み爆  笑

結局二人で大笑いして

イベント終了

夢もちゃんとここで終了

 

楽しい気持ちのまま

爽やかな目覚め

 

ああ、いい夢みた。

—–