UTOPIA-10 薫ル恋ノ夢  

2019-10-07

「UTOPIA」が愛おしすぎて・・・

素材:イラストACよりKabu様

 

—————-基本情報——————

『薫ル恋ノ夢 』CD

作詞:中村仁樹  作曲:中村仁樹

和楽器イケメン集団「桜men」のリーダー中村氏の作詞作曲で、 尺八リーダー 和太鼓タンクトップ 三味線キジュ 琴よっちゃんという布陣。「崎山つばさ with 桜men」としての楽曲ということですね。

——————————————

 

■歌ペンの感じるがまま

この曲のための記事を書こうとして、2日ほどこの「鼻の曲」漬けだったんですが、音楽に造詣が深くないもので(何に対して造詣が深いというのもないのだが)良い文章や感想が浮かんできませんでした。

 

代わりに浮かんできたのが映像。

「絵」ではなくて「動きのあるMovie」

 

本当は冒頭の感じとは違っていて

 

白背景に和風の線画の花々が順に浮かび出て、それらに淡く水彩の絵の具が中心から滲んで、最後ばぁあああって咲ほころんで散って花びらになって消えていく感じで、そんな風に次々と花々が咲くイメージ。

 

あああああああああ文章だと伝わらないぜ。

 

恋心から薫る想いを花の映像にしたらこんな感じじゃないかなぁ・・・て想像してました。動画は作れないけど、いつか絵にしてみたい。あ、中心にはもちろん、麗しの君です。←ここが一番難しいんだけど。

 

リーダーがつばささんの「鼻」をイメージして作ったとか作らなかったとか(笑)。「華」とか「薫」に繋げるあたり頭が柔らかいな(o^^o)

 

相変わらあまり抑揚のないラップもどきの単調なメロディーをつばささんにブツけてきました。つばささん負けません。単調な部分も魅力的に、そして盛り上がりの所の抑揚も気持ちよさげに歌い上げてらっしゃいます。

 

で、サキヤマニアの皆様。是非、是非、歌詞カードで比べてみてください。この歌詞だけ「文字数多!」これはつばささん「孤島の鬼」ぐらい苦労したんじゃないかなぁ(あ、あれはケタが違うかw、基本ジャンルが違うやねw でも「文字数多い」で思い出したのよ)でまたここで改めて推しのすばらしさに感動する「滑舌すごっ」

 

この曲はつばささん苦労したのかな?もう慣れたモンだったのかな?サビもしっかり気持ちよさげに楽に歌っているように聞こえます。余裕があるって感じ?

 

そして「つばささんにすごく合う!!!」としみじみしてしまう。桜menとの和ロックは他とはちょっと違いますね。最初がそうだったから仕方がないんだけど、イメージが強いし思い入れもありますしね。

 

曲として、今回特に印象的だったのが

♪いと~しい きみ~への あたり。声が加工されててこういうの「エフェクト」がかかってるという言葉でよいのかしら?とても効果的だなぁと。

 

これをどう書いたらいいのか分からなかったから(結局よくわかってないけど)「セカオワ 声 加工」で調べました。いろいろ出てきたけど私には「エフェクト」て単語がしっくりきたかな。

 

調べていく中で気になったのが、この加工を好まない人が少なからずいらっしゃるということ。

どうやら、年齢が私より上な感じな人が多いようです。私はこれはこれで表現のひとつとして「あり」だと思ってます。

 

要は使い方。どんな意図で効果を狙って・・・ってことなんでしょう。乱発や安易な使い方をすると耳障りまで行ってしまうのかな?どの界隈でも同じことですね。

 

この曲での使い方は私は好きでありんす。

 

リーダー!次のお題「エラ」ですって。つばささんにピッタリで、欲張るなら更につばささんを開花させちゃう名曲をお願いします(o^^o)!

 

 


 

【公式様の「UTOPIA」情報ページ】

https://avex.jp/sakiyama-tsubasa/discography/

【アルバム「UTOPIA」ダイジェスト】

https://youtu.be/1ofBKmPPkHs

【1st LIVE -UTOPIA-ダイジェスト】

https://youtu.be/vKLFXjVt9qk

 


 

【UTOPIAが愛おしすぎて】

01 UTOPIA

02 Re:quest

03 Crescent Moon

04 スノーギフト

05 IN THE HIGHWAY

06 この「薄情」天空に投げて

07 ふるさと

08 月花夜

09 螺旋

10 薫ル恋ノ夢

11 frost flower

12 ダンシング☆サムライ

13 キンモクセイ-Acoustic Version-

★上弦の月

★君の隣へ

 

—–