音色

明日から仕事がお休みです。

久々の夜更かしです

あははははは・・・・

うふふふふふ・・・・

たのし~~~~~♪

リリースイベント楽しみ~~~♪

あはははは うふふふふ

 

 

ほんで、つばささんご本人様のブログに

だれかの日記。

すごく共感する箇所があったので

それについて少し

 

リブログにしようかと思ったけど

えへへへ、やっぱ恥ずかしいや

あはははは  別に酔っている訳ではない

ちょっとhighなだけさ あははっはは~~~

 

そう!和楽器の生音の部分!

 

楽器の生音といえば 

クラシックのコンサートに行った事もあるし、バイオリンのプロがすぐそばで弾いているのを聴いたこともある。その上で、やはり私には和楽器の音のほうが耳にから脳天を通って、体の芯にまで響いてくる感じがする。

単に私の思い込みだろうけど

 

しかも、他の楽器比べて、デジタルや録音やそういったものでは再現できない音が混じってるんではないだろうか、と思っています。

単に私の思い込みだろうけど

 

これについては「月花夜」のリリイベの時の

記事でも触れております

いくよ!いったよ!くずはモール

 

 

ふむ・・・今書いていて ふと思った

つばささんの声が単によく通るだけでなく、心にドスンとくる感じだと書いた事あったけど、ああ!そうか!和楽器のそれと似てるんだ。

単に私の思い込みだろうけど

 

この体の芯にまで届いてくる感じが

単に私の過去の経験や感傷・感情からくるのか、本当に音質として似ているのかは「目がテン!」で調べてもらわないとわからないけどね。

 

とにかく、そうか

そういう事なんだわ(自分だけ納得)

 

遠い遠い昔の話

赤いランドセル背負った子ペンギンは

友達について行った お琴のお稽古で

琴の音色に魅せられて

ピアノを辞めて(練習が嫌いだった)

琴を習いに行かせてもらったのさ

 

あれが初めてだったんじゃないかな

普通の子供みたいに

「あれ、やってみたい」って親に言ったの

今でも、その時の琴の音色への

憧れというか衝撃が忘れられない

※写真はPhotoACからのイメージ画像ですw

 

お琴は自分から言った手前もあって

真面目に練習した。やっぱり自分から

「好き」「やりたい」は大事だよね

結局、高校2年ぐらいまで習ってたかな

残ったのは妙に強い右手の親指の筋肉w

 

琴の音色への想いをつらつらと書いた

んだけど、つまりはつばささんの

「螺旋」のリリイベが楽しみだって話

—–