ひとりのじかん

スーパーの駐車場

 

早く買い物して

 

帰って夕飯の支度しなきゃ

 

雨が強くなってきたな

 

夕立ちか

 

雨に閉じ込められて

 

ちょっと休憩

 

何にも煩わされない空間

 

頭の中の離れることのない

 

電子音からも

 

心地よい雨音と

 

大好きな歌声が

 

守ってくれる

 

何にも煩わされない時間

 

ひとりだけど

 

ひとりじゃないよ

 

このままこうしていたいな

 

でも、そろそろ帰らなくっちゃ

 

晩ご飯 何にしようかな

 

—–