【2投目】共有・共感・共鳴

実験2投目

 

 

先日のお誕生日のつばささんのブログにあった言葉

「 共有・共感・共鳴 」

似て非なる言葉

 

 

【共有】

一つの物を二人以上が共同で持つこと。

出典:デジタル大辞泉(小学館) 

 

つばささんとサキヤマニアで共有できるもの。時間・空間・夢・話題とかとか???一番わかりやすいし確実な嬉しいところかな。うん、何の疑問の余地もない。

 

 

 

【共感】

他人の意見や感情などにそのとおりだと感じること。また、その気持ち。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

 

これが一番不確かなヤツ(だと歌ペンは思う)。自分以外の誰かがどう感じているかなどわかるはずもないし、共感してると思っていても直接言葉で答え合わせをしない限り確実ではないと思う。

 

思うんだけど、舞台でも、イベントでも、確実に現場にはその「共感」があって、妄想でも勘違いでもなく確実に存在してて・・・。それは、2次元の画面の中や言葉の羅列では表現できない「奇跡」じゃないかとも思うんだ。

 

 

 

【共鳴】

他人の考えや行動などに心から同感すること。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

 

実は「共鳴」には3つの意味があって、ここに挙げたのは「共感」の同義語。たぶん、つばささんの文章からは意味としてこれをチョイスするのが妥当なんでしょうね。でも、歌ペン的には別の意味のほうがしっくりきてる。

 

振動体が、その固有振動数に等しい外部振動の刺激を受けると、振幅が増大する現象。振動数の等しい二つの音叉 (おんさ) の一方を鳴らせば、他方も激しく鳴りはじめるなど。

出典:デジタル大辞泉(小学館)

 

私はつばささんの奏でる音に共鳴する。 音も、言葉も、感性も、おそらく魂ごと。だって、共感はつばささんが何を感じているか結局は不確か。でも、つばささんの発する音で私が勝手に共鳴するだけなら、私がそうだと思えばそれが真実。

 

あるフォロワーさんが書いてたよ

「推しが楽しそうにしているのを見ているのが好きなんだ」

ああ、そういうのもあるのか・・・となるほどと思ったけど、同時に自分がどうなのかを改めて考えてみた。

 

きっと私はつばささんの音に共鳴するのが楽しいのだ。

共鳴して、自分が何かを作り出したい。発したい。作り出すにはへっぽこなペンギンだけど、そのへっぽこが共鳴するほどにつばささんの奏でる音はすばらしい。

 

私の推し活の楽しみの半分が「ブログを書く」というのも、そのひとつ。

ライブで一緒に盛り上がりたいのもそのひとつ。

舞台を座って大人しく鑑賞したときですら、還元して後で自分が表現しようとする。

ふぅぅぅ(深呼吸)

 

いっぱい小難しい言葉を並べたけど、実は言いたいことはだたひとつ。お祝いの日、こちらからもおめでとうを発したかったよ!!!

 

つまり

 

 

♪ハッピーバースデー

歌いたかった~~~

 

—–