じゃがいも食堂

先日コロッケを作ったと書きましたが、じゃがいもの料理が続いています。

というのも、次男(作る人)が仕事先で自家栽培のじゃがいもを度々いただいてくるから・・・。田舎だなぁ。

 

最初は品種もわからずにカレーにしたのですが、そのカレーを食べて長男(食べる人)が「これ、コロッケにしたら美味そう」との要望で先日のコロッケになりました。

 

で、また同じじゃかいもをいただいたので、今度は「じゃがバター」に・・・するつもりが・・・出来上がったのはなぜか「ジャーマンポテトもどき」

 

 

いや、ベーコンあったから・・・・

ほんで色んな野菜の半端があったから・・・

味はジャーマンポテトだったんだけど

見た目がちょっと肉じゃか風

いや、確かに余ってた豚肉も入れたけど

トマトも自家製のいただきモノだったので激ウマ!

 

昨日は、もう一度カレーで食べたい!との食べる人から注文で、たっぷりのカレー。

うまうまうまうま

 

この品種もわからず使っていたじゃがいもは、調べてみたらどうやら「キタアカリ」っぽい。

赤い芽が特徴で、一般的なとこでは「キタアカリ」しかなかった。男爵・メークインに続く一般的なごく普通の品種。

特徴も一致してて、男爵よりさらに煮崩れしやすい粉質(ホクホク系)の品種で、味が男爵よりしっかりしてる。

 

よく、『粘質のメークインのほうが煮崩れないので、カレーや肉じゃかなどの煮込み料理に向いている』と書いてありますが、せっかちな私は火の通りが早くて味の染み込みが良いキタアカリが使いやすくて気に入りました。ただ、本当にあっという間に火が通って煮崩れやすいので調理手順・火加減・時間には細心の注意が必要ですけど。でも1日置たカレー・・・とかは見込めないなぁ。溶けてなくなってそう・・・。

 

年老いた母が固いものが噛めないので、このホロホロのじゃがいもはそういう意味でも丁度良さそうです。

最近、スーパーでも地産地消のコーナがしっかりしてるので、じゃがいもに限らずもっと色んな野菜・品種を試してみたいなぁ・・・と思えるのも「食べる人」「作る人」が揃ってるおかげかな。

 

問題がただひとつ

栄養バランスはよくなったけど

美味しくて楽しくて

食べすぎちゃうんだよ

 

ダイエットだな(;^_^A 

—–