秋桜

刀剣次男の旅立ちの日

少し早く帰ろうかと思ったら
「昼から帰ったらええやん。支度とかあるやろ」
有難く帰らせていただいた
隣席の先輩は大変に家族思いなタイプである

 

お昼にはマクドに行った
特別なご馳走はしない

晩御飯の買い物を一緒にする
どの野菜が美味しそうだとか旬だとか
ここ1年ほどは当たり前にそうしていた
特別なことはしないでおく

買い物から帰って
息子はクリアし損ねていたゲームをしている
私は横で推し活の戦利品を整理
終始、私がつばささんの話をする
特別な話はしない

縁側でアルバムを開いて
息子達の幼い日の思い出を語るわけでもない
酒を酌み交わして人生論を伝授するわけでもない

久々に珈琲を淹れてくれた
いつも飲んでいたはずだったけど
何がどうしたのか
今までにないほど美味しかった
「この豆ってどれやったっけ」
封を開けたら瓶に移し替えているので
どの豆だったかわからない
ちょっと特別

夕飯は唐揚げとサラダ、五味、厚揚げのお味噌汁
豆腐にしようと思っていたのに賞味期限が優先された
唐揚げはちょっと他所では満足できない程
自慢の一品だ
今日も絶品、ジューシー
五味は次男と私のお気に入り
味噌汁は ま、おふくろの味ってやつよね

いつものように次男と料理をして
後片付けは長男または三男の担当
いつもと同じ

家を出るまでまだ3時間近くあったので
今度は私がゲームをしてた
横で次男があ~~だこ~~だと
オーディエンス

ブログは書かない
かなり特別な事象

駅まで送ろうかと言ったが
歩いていくという

大きな大きな荷物
ありきたりな表現だけど
きっと 夢と不安をいっぱいに
詰め込んであるんだろう

けど 次男も私も
特別じゃないを装う

 

夜が明けて

朝の飛行機の時間
私はいつもと同じ
会社の机の前

先輩にお礼を伝える

窓から青空が見えた

 

たった1年なのにね
4年も別に暮らしてたこともあるのにね

きっと今度は
自分で決めて
自分で調べて準備して
働いて お金を貯めて
だからかな

嫁に出すのってこんな感じ?(笑)

 

次男の誕生日には
秋桜が咲く
昨日も近くの幼稚園で
いっぱいに咲いていた

 

絵を描いた
幼稚園児の落書きのような出来上がりだけど
このブログで
いや? 人生で初めてかも
(よく考えたら、誰かのために絵を描いたのってつばささんが初めてだったwwww)

だからこれはとっても特別

For 刀剣次男

いってらっしゃい 頑張れよ

秋桜イラスト