雨の日が続きますね

今年もアガパンサスが咲きました

とても愛おしい花言葉なのに

雨に濡れた姿が似合うだなんて

寂しいような らしいような

 

つばささんは今どうしていますか

余計な事に煩わされず

お芝居に お仕事に

集中されているのでしょうか

 

私の中のつばささんは

半分は私の幻想で出来ていて

今師事しているかの人は

それよりももう少しリアルで

 

その人とつばささんと

いったいどのようなモノを

作り上げているのでしょう

 

見えないけれど

知ることも出来ないけれど

同じこの時間の流れの中で

創られているんだということを

見えないからこそ

少しわざとらしく

心に留めて感じようとしています

 

今年はもう

これからはもう

あのアガパンサスを見る事はないけれど

やはりどこかしらに咲いていて

少し遠くなったようで

雨は変わりなく

 

好きなものを好きと言わないのは

もったいない気もするし

言ってしまう方が

もったいないとも思ったり

言えることは

幸せなんだと思ったり

言っても 言わなくても

幸せなコトだと気が付いたり

 

雨と一緒に 色々が

降っては当たって音をたてて

流れていきます

 

宛先知らず