ready

2020-07-18

余計というのも捨てたもんじゃないらしい

あまり深く考えずにそう表現したけど

言われてみればそうか

 

でも雨はもういいらしい

確かにリアルにはね

こんな雨続きじゃ困りもの以外の何でもないし

 

でもね

夏の太陽にはもう少し待ってて欲しいんだよ

あと少し もうちょっとだけ

まだ75%なんだ

フル充電にはもう少し

まだ太陽の下は眩しいよ

 

まだ少し怖いんだ

走り出す前に痛みを思い出す

知らぬ間に型がついていたみたいで

嫌いな自分の型がついてしまってて

そこから脱皮してしまえるまで

あと少し

あと少しなんだ

 

どこまで飛べるか腕試し

スタートラインが見えている

その先には型が付く前の自分か

それとも全く新しい自分がいるのか

 

これもタイミングなんだろね

SeanNorth Live Theaterの生配信を見た

 

新しい感覚に出会えそうな予感はあった

朗読劇にも心を揺さぶられたけど

何よりSeanNorthの音楽に響いた

 

歌声もサウンドもとても肌馴染みが良くて

独特とまでは言えない気がするのに

他には感じないとても不思議な魅力

景色が見えたり、感情を揺さぶられたり・・・「すごいなぁ」と思うのとも違う

「自分の中で物語が始まる」音楽

そう感じたのも

もしかしたら走り出す準備ができているのかな

 

かの人が書いていた3つの「コツ」も

これから少し心がけてみよう

何だか少しは

上手く生きていけそうな気がする

 

新しい自分の始まりだとしたら

まるでフェニックスだね

ま、あんなかっこいいのじゃなくて

真ん丸なペンギンなんだけど(笑)