奈良国立博物館-春日大社のすべて-

2019-08-24

https://www.narahaku.go.jp/exhibition/2018toku/kasuga/kasuga_index.html

 

やっと行ってまいりました。

少なからずご縁のある春日大社。いつも国宝殿のチラシなどで目にしていた宝物をしっかり見てきましたよ~。平日に行ったにも関わらず、大盛況。さすが国立博物館。入口のみ撮影可!ということで

 

 

主な展示物については、上記サイトに出ています。

ずっと「写真」で見ていた宝物も実際目にすると「何がすごいのか」がしっかり伝わります。何でしょうか、どれも「美しい」。写真ではよくわからない細やかな模様や質感がすごく美しかったです。

 

国宝 本宮御料古神宝類 蒔絵筝

一番見たかった宝物なんですが展示期間が終わっていて残念。

 

国宝 若宮御料古神宝類 平胡簶

実際のものと、復元されたものが展示されていました。すごく華やかででも上品で。日本人の美術や技ってすでに千年以上前から完成されていて、そこから進歩できてないんじゃない?と思ってしまうような繊細さ。

 

国宝 若宮御料古神宝類 金鶴及銀樹枝

いや、ほんまにね。小さいんですよ。そこがまた良いんですけど、てかそれが特徴というか美しさというか。それこそ写真では大きさがわからないので、実際目で見ないとわからんもんだなぁと実感しました。

 

国宝 直刀・黒漆平文大刀拵

で、驚いたのがこの刀! 刀長さ2m以上!!!大迫力!春日大社所有のものではないので、これは後から国宝殿で見たらいいや・・・・ってわけにはいかないですしね。

 

難しい解説がちゃんとそれぞれについているのですが、苦手なのでほとんど読み飛ばしてしまいます。いや、読まないと本当の貴重さや凄さがわからないのはわかってるんですけどね。開催中にもう一度は行く予定にしているので、今度は音声ガイド借りようかなぁ。

 

そうそう、地下には喫茶とミュージアムショップがあります。奈良や天平模様をモチーフにしたグッズや、関わりのある書物などが並んでいて、そこを見てるだけで楽しい~~~。私の中では、京都の「和」と奈良の「和」って違いがあって、奈良の「和」のほうがオリエンタル傾向の「和」。別に美術史とか勉強しているわけではないので、正しいのかわからないけど、私はその「オリエンタル」なところが好きなんですよね。

 

今回の展覧会図録、ちょとお高いけど買っちゃおうかなぁ。そうだよね。舞台のパンフだと思えば・・・・にしても高いし、嵩張るけど。

—–

お出かけ

Posted by utapen